症状から原因を解明 失敗の原因 CAUSE

原因は大きく6種に分けられます
昨今の脂肪吸引による失敗は、脂肪の取り過ぎやデザイン不足など大きく6種類に分けられます。それらはなぜ失敗につながってしまうのか、その原因に対して起こりやすい失敗例までを解説いたします。

取り過ぎ脂肪吸引TOO ASPIRATED

過剰な吸引は、見た目はもちろん皮膚と筋肉の癒着など体にも悪影響を及ぼし危険です。

取り過ぎによる症状
  • バランスが不自然
  • 段差ができた
  • 皮膚がたるみ、
    質感も悪い
  • お尻が垂れた
  • 皮膚が色素沈着
    した
  • 老け顔になった

デザイン不足POOR DESIGN

脂肪吸引の大事なポイントであるデザインが適正でないと、失敗は避けられません。

取り過ぎによる症状
  • バランスが不自然
  • 段差ができた
  • 左右差がある

技術力が低いPOOR SKILL

経験が少なく、脂肪吸引機やカニューレの扱いに不慣れな医師は意外と少なくありません。

取り過ぎによる症状
  • 段差ができた
  • 皮膚がたるみ、
    質感も悪い
  • 吸引口の傷が
    目立つ
  • 凸凹になった
  • 引きつれ感がある
  • 溝ができた

術後ケアの怠慢NEGLIGENCE

患部の圧迫固定や、マッサージなどを適切に行なわないと術後の経過が悪化してしまいます。

取り過ぎによる症状
  • 皮膚が色素沈着
    した
  • むくみがひかない
  • 内出血がひどい

雑なカウンセリングMISCELLANEOUS

仕上がりイメージの共有はもちろん、想定されるリスクを話さないドクターには要注意です。

取り過ぎによる症状
  • 細くなっていない

施術機器が古いOLD METHOD

旧式の機器は、欠点を改良した最新モデルより性能が劣る分、失敗しやすいです。

取り過ぎによる症状
  • 皮膚がたるみ、
    質感も悪い
  • 凸凹になった
  • 溝ができた
  • 内出血がひどい

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。