失敗の原因

術後ケアの怠慢NEGLIGENCE

術後ケアの怠慢で失敗するFAILURE

術後ケアの怠慢で失敗する

皮膚のかぶれやむくみが起こる
脂肪吸引の術後は、圧迫固定などのアフターケアが必要になります。方法を誤ってしまうと中々むくみが引かないなどの弊害が現れ、キレイに仕上がらないこともあります。
まず、圧迫固定をしないで過ごしてしまうと老廃物がたまりリンパ管が停滞、ひどくむくんでしまいます。また、医療用サポーターをしていても固定がずれていると皮膚がかぶれてしまい、水ぶくれができます。水ぶくれは破れて悪化するとひどい色素沈着につながるので術後のケアは正しく行わないと面倒なことになります。

圧迫固定をしないケース:むき出しでいる状態→リンパ管が停滞してむくむ 圧迫固定がズレているケース:固定がズレるとかぶれる→水ぶくれが出来て破れる→色素沈着が起きる

要約POINT
  • 術後ケアの怠りが
    様々な弊害を引き起こす
  • 圧迫固定をしないと
    ひどくむくんでしまう
  • 圧迫固定がずれていると
    色素沈着を起こす

術後ケアの怠慢によって起こる失敗例SYMPTOM

SOS 相談集Q&A

  1. 二の腕の脂肪吸引を受け、腕が曲がりにくくなってしまいました
  2. 太ももの脂肪吸引をしたら片側だけが腫れて歩くのも困難です
  3. 腹部の脂肪吸引後の圧迫ムラで段差ができました
  4. 2ヶ月前に脂肪吸引した部分がボコボコしています
  5. 脂肪吸引後の圧迫を外したら段差が出来ていますが普通でしょうか

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。