『脂肪吸引』失敗例

老け顔になったDANDRUFF

症 状SYMPTOM

老け顔になった

頬の脂肪がそげてゲッソリした症状
顔は少量取るだけでも効果が分かりやすいので人気の部位ですが、頬骨の下の脂肪は〝ポジティブゾーン〟と呼ばれる、取り過ぎると老けた印象になってしまうエリアです。
脂肪が柔らかいため吸引しやすい部位ですが、たくさん取ると頬骨が浮き出て顔に影もできるので不健康にも見えるでしょう。メイクでごまかせる失敗ではないし、頬がコケたままで放置しておくと加齢による脂肪の減少と下垂も伴って、さらに悪化する可能性も考えられます。

老けて見える失敗パターン:脂肪の取り過ぎで頬がコケけている 若々しく見える成功パターン:ハリやふっくら感を出すための脂肪は残っている

危険部位DANGER PART
  • 頬

    慎重に吸引しないと、頬の脂肪は取り過ぎやすい

治療方法METHOD

若々しいラインに整えます
Dr.中居
吸引し過ぎてしまった部分にコンデンスリッチファット(CRF)や、マイクロCRF[※下記参照]を注入してふっくらした若々しさを取り戻します。顔は血流がよく脂肪の定着率が良いため、高い効果を感じられるでしょう。
もともとの頬よりスリムになったのが実感できる程度の適量を注入するので、ご安心ください。
  • コンデンスリッチファット(CRF)
    死活細胞や老化細胞などの不純物を除去したクリアな脂肪。採取した脂肪を外気に触れさせないまま特殊なウェイトフィルターで遠心分離にかけ、健全な脂肪のみを抽出しています。この分離技術で定着率は80%を誇る一方、注入後のしこりのリスクも抑制できるようになりました。
    CRF
  • マイクロCRF
    CRFをさらに専用フィルターで遠心分離にかけ、大きな脂肪細胞を細かくカッティングし、非常に粒子の小さな脂肪細胞と幹細胞のみに抽出した脂肪。大量因子を豊富に含み、不純物は徹底除去しているため、注入後は肌が活性化。顔など皮膚が薄い場所へのボリューム調整や、肌色・肌質改善に最適です。
    Micro CRF

SOS 相談集Q&A

  1. 頬への脂肪注入後のしこりで悩んでいます
  2. 頬の脂肪吸引後、老けてみえる様になりました
  3. 顔の脂肪吸引を受けてげっそりこけてしまいました
  4. 頬の脂肪吸引を10年前に受け凸凹やたるみ、しわにより不健康に見えます
  5. 頬の脂肪吸引を20年前にしてコケてしまいヒアルロン酸注入したらボコボコしています

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。