『脂肪吸引』失敗例

左右差があるDIFFERENCE

症 状SYMPTOM

左右差がある

同部位の左右バランスが不揃い
正面から全体を見たときに、左右の吸引具合に差があり、おかしいと感じる失敗例のことです。如実に分かる例でいえば頬や胸。
明らかに片方だけ脂肪を取られ過ぎているケースがありますが、これはバランスを考えず吸引してしまったドクターの無計画さに起因します。
また、本当は分かっていても均等に吸引する技術がない場合や、脂肪吸引機が古くイメージ通りに施術できない場合も起こります。

皮下脂肪が多い部位だと、吸引し過ぎるドクターもいます 頬の場合、一目瞭然に!

危険部位DANGER PART
  • 腹部

    腹部
    左右の吸引幅に差異がる例が多い
  • 胸

    胸の高さの違いなどが強調される場合も
  • 二の腕

    二の腕
    上の部分で左右差が出るケースが多数
  • 頬

    元々左右差が強い部分なので注意が必要
  • 太もも

    太もも
    予定以上に吸引してしまいやすい場所

SOS例SOS

  • CASE1
    脂肪吸引 失敗写真 左右差
  • CASE1
    脂肪吸引 失敗写真 左右差

CASE1の方は明らかに左の太ももだけ、脂肪を多く吸引されています。また、CASE2の方も同様ですが、脂肪を取り過ぎてしまっていることで凸凹症状も見て取れます。

治療方法METHOD

再脂肪吸引と、脂肪注入で修正します
Dr.中居
左右差のほとんどの原因は、片方だけ脂肪を取り過ぎてしまっていること。そのため、良質脂肪であるコンデンスリッチファット(CRF)[※下記参照]を注入する修正法が1番です。取り過ぎた部分を埋めるように補給すれば、均一の取れた美しいバランスが蘇るでしょう。
また、逆に片方だけ脂肪を取り残して左右差が表れている箇所には、ベイザーリポ[※下記参照]でアプローチして再吸引。どちらの方法でも、差異が出ないように事前に施術部分をマーキングしてデザインしてから行います。
  • コンデンスリッチファット(CRF)
    死活細胞や老化細胞などの不純物を除去したクリアな脂肪。採取した脂肪を外気に触れさせないまま特殊なウェイトフィルターで遠心分離にかけ、健全な脂肪のみを抽出しています。この分離技術で定着率は80%を誇る一方、注入後のしこりのリスクも抑制できるようになりました。
    CRF
  • ベイザーリポ2.0
    CRFをさらに専用フィルターで遠心分離にかけ、大きな脂肪細胞を細かくカッティングし、非常に粒子の小さな脂肪細胞と幹細胞のみに抽出した脂肪。大量因子を豊富に含み、不純物は徹底除去しているため、注入後は肌が活性化。顔など皮膚が薄い場所へのボリューム調整や、肌色・肌質改善に最適です。
    VASER LIPO

SOS 相談集Q&A

  1. お尻から太ももの脂肪吸引を受け左右差が気になります
  2. 脂肪吸引を受けてから凸凹と左右差が気になる様になりました
  3. 頬の脂肪吸引を受け、年を取って凹みが気になります
  4. 去年脂肪吸引を受け取り残しなどでボコボコになり左右差もできました
  5. 脂肪ではなく筋肉なのに脂肪吸引を勧められるという事はありませんか?

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。