『脂肪吸引』失敗例

むくみが引かないEDEMA

症 状SYMPTOM

むくみが引かない

腫れがいつまでも引かない
吸引後は誰でもむくみが起こりますが、時間が経っても引かない場合は、施術や術後ケアの不備による場合があります。脂肪吸引した後は、リンパの流れが停滞しやすく、それを放置すると患部は繊維化し、むくみが出たままの状態が固定されてしまいます。そうならないためにも、術後の圧迫固定の方法が重要です。

ダウンタイムが過ぎてもむくんでいるなら要注意

危険部位DANGER PART
  • ふくらはぎ

    ふくらはぎ
    循環不良を起こしやすく、むくみが目立つ

治療方法METHOD

術後ケアが効かないなら再吸引
Dr.中居
医療用サポーターで圧迫、また、マッサージなどの自宅ケアを続けてもむくみが引かない場合は、診察した後に再度ベイザーリポ[※下記参照]でアプローチ。余分な脂肪が残っていることも考えられるためです。むくみの原因が術後ケアの不備によるものなのか、脂肪を取り残していることにも起因しているのかを見極めて対処します。
  • ベイザーリポ2.0
    世界最新の脂肪吸引機。振動エネルギーのベイザー波により、術部の脂肪のみを遊離して優しく吸引するため、血管や神経などの周辺組織を傷つけない点が魅力。また、硬く線維質化した脂肪(背中などの脂肪)にもアプローチでき、皮下脂肪の90%までもが安全に吸引できます。
    VASER LIPO

症例写真CASE PHOTOGRAPH

  • BEFORE
    BEFORE 写真
  • AFTER
    AFTER 写真
太ももCOMMENT
むくみと内出血のお悩みで来院された方です。むくみは拝見した結果、まだアプローチできる脂肪が残っていたため、ベイザーで脂肪吸引し直して修正しました。※内出血の解説は『CASE11』をご覧ください。

SOS 相談集Q&A

  1. 太ももの脂肪吸引をしたら片側だけが腫れて歩くのも困難です
  2. ボディジェット脂肪吸引したら全然細くなりませんでした
  3. 圧迫するボディスーツを着用しないと悪影響が出ますか?
  4. 下腿足首の脂肪吸引をして右足くるぶしに激痛が走ります
  5. 1年前に顔の脂肪吸引を受けて未だに腫れている気がします

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。