『脂肪吸引』失敗例

吸引口の傷が目立つFLAW

症 状SYMPTOM

吸引口の傷が目立つ

カニューレの痕が消えない
脂肪吸引のために使用されたカニューレの痕がはっきり傷口として残っている症状のこと。通常、カニューレの挿入口はシワのある脇や毛髪で隠れる太ももの付け根の内側など、目立たない箇所から行いますが、ツルンとした二の腕や腹部から吸引した場合は目立ってしまいます。また、ひどいケースだと挿入口が火傷して、ケロイドになっていることも。これは、吸引口にスキンポートという皮膚を保護する器具を装着せずに行ったことが原因。カニューレを動かした際の摩擦熱が皮膚に直接伝わって、火傷してしまうのです。

スキンポート:カニューレの摩擦熱で火傷しないように皮膚を保護する道具

危険部位DANGER PART
  • 二の腕

    二の腕
    傷口を隠すシワがないので、目立ちがち
  • 腹部

    腹部
    挿入箇所に配慮しないと、傷跡がくっきり
  • 背中

    背中
    フラットな部位なので小さな傷も目立ちます
  • ふくらはぎ

    ふくらはぎ
    火傷した場合、洋服でも隠しにくい部位
  • 太もも

    太もも
    お尻との境や内ももに傷痕が残るケース多数

SOS例SOS

  • CASE1
    脂肪吸引 失敗写真 傷

本来、吸引口は目立たない箇所からアプローチするのが正解。また、スキンポートを装着せずに施術すると左写真のケースのように火傷も目立つため、ドクターは吸引箇所と方法の2つに注意を払うべきです。

治療方法METHOD

傷跡部分を縫合して治療
Dr.中居
脂肪吸引の失敗治療で主に行うボリュームの調整術やタイトニングでは修正できません。しかし、色素沈着やケロイドになっている傷は自然治癒が難しいので、傷口の周辺をキレイに切り取って縫合して治療します。
縫合跡もなるべく残らないよう丁寧に施術しますが、現代医療では完全にキレイな肌に戻すことは難しいでしょう。失敗の中でも治療が困難な例です。

SOS 相談集Q&A

  1. 他院で凸凹・傷跡残りのひどい失敗をされました。修正できますか?
  2. 太ももの付け根の脂肪を取られすぎてシワシワです
  3. 1年前に下半身の脂肪吸引を受け、たるみや傷跡が気になります
  4. 他院で脂肪吸引し傷跡がケロイド状態になり目立たなくさせたいです
  5. 半年前に受けた脂肪吸引の傷跡が黒く膨らんでいます

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。