『脂肪吸引』失敗例

溝ができたGROOVE

症 状SYMPTOM

溝ができた

長いライン状の溝ができる
カニューレの通った部分だけが溝のようにくぼみ、細いラインが残ってしまう失敗です。凸凹になってしまう失敗のように、旧式の機器で皮膚直下の脂肪を雑に吸引すると、その部分だけが溝になる場合があります。
また、医師が吸引箇所を見誤り、表皮に近い部分を無理矢理に吸引すると溝の跡が顕著に表れてしまいます。

失敗と成功の分かれ道 OK:皮膚の表層の脂肪を適度に残すと肌のなめらかさが損なわれず、仕上がりもキレイ NG:皮膚に1番近い表層の脂肪まで取り過ぎると、カニューレの通った跡が表面に浮き出る

危険部位DANGER PART
  • 腹部

    腹部
    カニューレを丁寧に操作しないと溝になる
  • 太もも

    太もも
    浅い層の脂肪を取ると、跡が付きやすい
  • 足首

    足首
    表皮下の無理な吸引で、溝の跡が残る
  • 二の腕

    二の腕
    付け根のある脇の部分に長いラインが出る

SOS例SOS

  • CASE1
    脂肪吸引 失敗写真 二の腕

まるでシワのように、くっきりカニューレの通り跡が出ています。二の腕の内側は皮膚が薄いため、溝が表面化しやすい場所。

治療方法METHOD

フラットになる程度に再吸引して修正
Dr.中居
カニューレの細長い吸引跡が残ってしまった部分には、雑な施術により不要な細かい脂肪が残っています。そんな取り残された脂肪をベイザーリポ[※下記参照]でフラットになる程度に再吸引してなめらかにします。
また、溝ができたことで隣接部とのバランスが悪くなっている場合は脂肪吸引でフラットにした部分に良質脂肪のコンデンスリッチファット(CRF)[※下記参照]を注入して、調整する方法もあります。
  • ベイザーリポ2.0
    CRFをさらに専用フィルターで遠心分離にかけ、大きな脂肪細胞を細かくカッティングし、非常に粒子の小さな脂肪細胞と幹細胞のみに抽出した脂肪。大量因子を豊富に含み、不純物は徹底除去しているため、注入後は肌が活性化。顔など皮膚が薄い場所へのボリューム調整や、肌色・肌質改善に最適です。
    VASER LIPO
  • コンデンスリッチファット(CRF)
    死活細胞や老化細胞などの不純物を除去したクリアな脂肪。採取した脂肪を外気に触れさせないまま特殊なウェイトフィルターで遠心分離にかけ、健全な脂肪のみを抽出しています。この分離技術で定着率は80%を誇る一方、注入後のしこりのリスクも抑制できるようになりました。
    CRF

SOS 相談集Q&A

  1. 脂肪注入豊胸の為に脂肪吸引したお腹の凹みや太ももの凸凹を治したいです
  2. 腹部の脂肪吸引後の圧迫ムラで段差ができました
  3. 5年前に顔の脂肪吸引をして法令線が目立つ様になってしまいました
  4. 去年脂肪吸引を受け取り残しなどでボコボコになり左右差もできました
  5. 二の腕の脂肪吸引を受け、吸引跡が筋の様に目立つ様になりました

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。