『脂肪吸引』失敗例

細くなっていないNO CHANGE

症 状SYMPTOM

細くなっていない

施術の効果を感じられない
せっかく施術したものの変化していない、思った程スリムになれなかったと感じるケースです。これは古くからあるお悩み症状のひとつですが、実は脂肪吸引でアプローチできる脂肪は皮下脂肪のみ。そのため、内臓脂肪の豊富な男性の腹部や筋肉量が多いふくらはぎなどは、イメージ通りにスリムになれない場合があるでしょう。
そのことをカウンセリングで説明しないドクターの場合は、術後にギャップを感じることになります。しかし、単純に機器が古くて脂肪を吸引しきれていないだけの場合もあるため、修正の余地はあります。

細くならない原因 内臓脂肪が多い:内臓脂肪までカニューレが到達すると、心臓などに悪影響があり修復不可能に 筋肉質:筋肉にアプローチすると、収縮して筋肉のラインがくっきり浮き出てしまいます

危険部位DANGER PART
  • 腹部

    腹部
    内臓脂肪で太って見えるケースが多い
  • ふくらはぎ

    ふくらはぎ
    皮下脂肪が少ないため効果を感じにくい

治療方法METHOD

余分な脂肪は再吸引して修正します
Dr.中居
細くなっていないと感じる部分に余分な脂肪があれば、最新脂肪吸引機のベイザーリポ[※下記参照]で再吸引。ベイザーリポを使用すれば、従来の機器では取りきれなかった箇所や取りムラが起きていた場所にもアプローチ。
また、施術したドクターが直線のカニューレを使用していたため曲線部の脂肪を取れていないケースもあるので、円形や曲線型のカニューレも用いて修正します。
  • ベイザーリポ2.0
    世界最新の脂肪吸引機。振動エネルギーのベイザー波により、術部の脂肪のみを遊離して優しく吸引するため、血管や神経などの周辺組織を傷つけない点が魅力。また、硬く線維質化した脂肪(背中などの脂肪)にもアプローチでき、皮下脂肪の90%までもが安全に吸引できます。
    VASER LIPO

症例写真CASE PHOTOGRAPH

  • BEFORE
    BEFORE 写真
  • AFTER
    AFTER 写真
腹部COMMENT
腹部のところどころに、脂肪の取り残しが見られるため、スリムダウンできなかったケース。残っていた脂肪をベイザーリポで吸引し直し、取りムラを解消しました。
  • BEFORE
    BEFORE 写真2
  • AFTER
    AFTER 写真2
腹部COMMENT
古い脂肪吸引機は、脂肪の多くに効果的なアプローチができない場合があります。ベイザーリポは90%もの皮下脂肪を除去するため、イメージ通りの吸引が可能です。

SOS 相談集Q&A

  1. 二の腕の脂肪吸引を2回受けたるみがひどいです
  2. 3年前に脂肪吸引を受け凹みが出来てしまいました
  3. 3年前に他院で脂肪を吸引しましたが、効果を感じられません
  4. 3週間前に脂肪吸引を受けたのですが全く効果を感じられません
  5. 二の腕の脂肪吸引をしましたが満足できず13年が経ちました

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。