『脂肪吸引』失敗例

皮膚がたるんだSKIN TROUBLE

症 状SYMPTOM

皮膚がたるんだ

皮膚がたるみ、質感も悪くなる
脂肪に対して皮膚が余ってたるみ、ハリの消失や質感が悪くなるトラブル症状のこと。脂肪は皮膚に近い浅い層、中間層、筋肉に近い深い層に分かれており、その厚さもそれぞれ異なります。
皮膚トラブルが起こるようなときは、もっとも薄く脂肪組織も小さい浅い層の脂肪を取り過ぎたり、雑に吸引して傷つけてしまうことで起こります。
また、肌質や脂肪の付き方などの個人差を考慮しないで脂肪を単純に取ると、術部の皮膚が下垂します。特に腹部は、広範囲のひどいたるみにつながることもあります。

皮膚がたるみ、質感も悪い失敗パターン 1番多いケースNO.1:腹部の上部のたるみ 皮膚が、ペロンと下垂し、質感も悪くなっている

危険部位DANGER PART
  • 腹部

    腹部
    特に上腹部の皮膚が垂れる失敗が多い
  • 太もも

    太もも
    脂肪の取り過ぎでシワっぽい質感になる
  • 二の腕

    二の腕
    皮膚の弾力が弱いため、たるみが出やすい

SOS例SOS

  • CASE1
    脂肪吸引 失敗写真 腹部
  • CASE2
    脂肪吸引 失敗写真 腹部

腹部は特にたるみが生じやすい場所。もともと皮膚が柔らかい人や経産婦さんなどはたるみが顕著に現れるので、吸引口を複数に設けるなどしてバランスを整えるなどの工夫が必要。

治療方法METHOD

米国の収縮機器で皮膚を引き締めます
Dr.中居
たるみの引き締めには、サーミタイト[※下記参照]で効果的にアプローチします。サーミタイトとは、皮下に直接、高周波の熱を照射して伸びた皮膚を収縮できる機器。たるみが広範囲であっても均等に引き締めることができるので有効です。
また、質感も悪くなっている場合は良質脂肪であるコンデンスリッチファット(CRF)[※下記参照]を注入して修正します。色味など肌質改善が期待でき、ボリュームの調整も行えます。
  • サーミタイト
    たるんだ皮膚を収縮する美容医療機器。極細カニューレを皮下に挿入して高周波の熱を照射、表皮と皮下組織を収縮(タイトニング)させます。また、熱による刺激でコラーゲンの生成が促されるので、ピンとしたハリ感も復活させることができます。
    THERMI Tight
  • コンデンスリッチファット(CRF)
    死活細胞や老化細胞などの不純物を除去したクリアな脂肪。採取した脂肪を外気に触れさせないまま特殊なウェイトフィルターで遠心分離にかけ、健全な脂肪のみを抽出しています。この分離技術で、定着率は80%を誇る一方、注入後のしこりのリスクも抑制できるようになりました。
    CRF

SOS 相談集Q&A

  1. 二の腕の脂肪吸引を2回受けたるみがひどいです
  2. お腹の脂肪吸引後に皮膚がたるんでシワシワになったのを治したいです
  3. 他院で根こそぎ脂肪吸引を受けたるみが出てしまいました
  4. 脂肪吸引を受けてからセルライトが目立つ様になったのを治したいです
  5. 太ももの付け根の脂肪を取られすぎてシワシワです

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。