『脂肪吸引』失敗例

凸凹になったUNEVENNESS

症 状SYMPTOM

凸凹になった

ボディラインが凸凹と乱れている
皮膚表面が不揃いに波打ち、凸凹になる症状。これは、一般的にもよく知られる脂肪吸引の失敗症状のため、「周囲へバレてしまうのではないか」と強い恐怖を抱く方も多いです。
医師の技術不足による脂肪の取りムラ吸引機器の古さに起因するので、様々な部位で起きやすいでしょう。中でも、二の腕や太ももなど洋服から露出する部分の凸凹はひどく目立ちます。

中間〜深い層を中心とした正しい脂肪吸引 中間~深い層を中心に吸引するとフラットな仕上がりになる→OK 浅い層の脂肪まで強引に行った脂肪吸引 浅い層の脂肪まで強引に吸引を行うと、凸凹になってしまう→NG

危険部位DANGER PART
  • 二の腕

    二の腕
    取りやすい中央だけ吸引するとラインが崩壊
  • 腹部

    腹部
    下腹部だけ凹み、段々腹になっている人も
  • 太もも

    太もも
    取りムラで症状が顕著に現れることも
  • ふくらはぎ

    ふくらはぎ
    筋肉が多いため取りムラが起こりやすい
  • お尻

    お尻
    局地的に脂肪を取り過ぎてしまいがちな部位

SOS例SOS

  • CASE1
    脂肪吸引 失敗写真 太もも

普通の人体ではありえないほど、太ももの側面が波打っています。ガタガタに崩れたラインがはっきり分かりますが、実は古くから今も変わらずある失敗例なのです。

治療方法METHOD

脂肪吸引&注入で凸凹患部を修正
Dr.中居
凸凹の大きな原因である脂肪の取り残しは、ベイザーリポ[※下記参照]で吸引してボリュームダウン修正します。ベイザーリポは、ガタガタになっている組織内をフラットに整えるためにも有効。その後、周辺部位とのバランスを正すためにコンデンスリッチファット(CRF)[※下記参照]を注入して調整&なめらかなスリムラインに修正します。CRFは均等にいきわたるよう、少しずつ何層にも分けて注入するのがコツ。また、皮膚のたるみも伴っているなら、サーミタイト[※下記参照]で高周波の熱を照射。皮膚と皮下の線維組織を収縮させる作用があるため、たるみの改善には最適です。体への負担もほとんどないオススメの修正法です。
  • ベイザーリポ2.0
    世界最新の脂肪吸引機。振動エネルギーのベイザー波により、術部の脂肪のみを遊離して優しく吸引するため、血管や神経などの周辺組織を傷つけない点が魅力。また、硬く線維質化した脂肪(背中などの脂肪)にもアプローチでき、皮下脂肪の90%までもが安全に吸引できます。
    VASER LIPO
  • コンデンスリッチファット(CRF)
    死活細胞や老化細胞などの不純物を除去したクリアな脂肪。採取した脂肪を外気に触れさせないまま特殊なウェイトフィルターで遠心分離にかけ、健全な脂肪のみを抽出しています。この分離技術で、定着率は80%を誇る一方、注入後のしこりのリスクも抑制できるようになりました。
    CRF
  • サーミタイト
    2014年に米国で誕生した皮膚の収縮マシーン。極細カニューレを皮下に挿入して高周波の熱を照射、表皮と皮下組織を収縮(タイトニング)させます。また、熱による刺激でコラーゲンの生成が促されるので、ピンとしたハリ感も復活させることができます。
    THERMI Tight

SOS 相談集Q&A

  1. 他院で脂肪吸引と修正手術を受けましたがボコボコのままです
  2. 3年前の脂肪吸引でボコボコになり脚が出せません
  3. 頬への脂肪注入後のしこりで悩んでいます
  4. 1年前に受けた脂肪吸引でお腹が凸凹になりました
  5. 1ヶ月前に脂肪吸引してボコボコになっています

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。