初めて脂肪吸引を行なう方へ 事前に知っておくべき、失敗しないための重要3ヶ条 一般の方ができる失敗予防法 僕は脂肪吸引の失敗を修正する施術をしていますが、初めから失敗されないに越したことはありません。そこで、〝失敗しないための重要3ヶ条〟を発表したいと思います。 NO.1:ドクター NO.2:機器 NO.3:クリニック環境

  • ドクターに高い経験値があること

    回避ポイントは、まずは良いドクターに施術してもらうこと。クリニックの無料カウンセリングを利用すると、スキルは分かります。
    僕の経験からすると、ゲストに「何cc脂肪が取れますか?」と聞かれた時に「○cc取れます」と即答するドクターは要注意。本来カウンセリング時点で具体的数値なんて計れませんし、「○cc取れます」という自身の言葉にしばられて、過剰に吸引してしまうドクターも実在します。大事なのは、ゲストの脂質や体格に合わせた吸引ができるか否かです。一方、失敗のリスクもきちんと説明するというドクターは信頼できます。

    ドクターに高い技術力があること

  • 最新機器を導入していること

    多くの美容外科が陰圧式の旧機器を使用している一方、クオリティにこだわるクリニックはコストがかかっても最新機器を導入します。「新しい=全てがいいってわけじゃないでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、医療に関しては最新機器に勝るものはありません。僕の所属するTHE CLINICでは、全ての脂肪吸引を最新機ベイザーリポで施行。扱うには認定資格を要するためドクターの技術力を見極める指標にもなります。こちらはカウンセリングで確認するほか、クリニックが配信する施術動画をYouTubeや動画検索でチェックすると良いでしょう。吸った脂肪が吸引瓶の中にボタボタと重く落ちる機器は、旧式と捉えて間違いないです。

    最新機器を導入していること

  • 修正に対応できるクリニックであること

    術後、万が一の事態が起きた時に、適切な修正法で応じてくれるクリニックを選びましょう。
    脂肪吸引後は体に様々な変化がおこります。特に初施術の方はそれが回復過程の症状なのか、本来は起こるべきではない失敗による症状なのか分からず不安だと思います。そのため万事のときに修正対応までしてくれるか術前に確認をとっておくと安心でしょう。なぜなら修正は通常の施術よりはるかに難しく、施術を断るクリニックが多いからです。また、他院の失敗の修正症例が多いほど対応力が高いことは確実なので、そこも見極めるポイントのひとつでしょう。

    修正に対応できるクリニックであること