修正法とその根拠をご紹介 失敗の修正方法 MODIFCATION

失敗を正す3大修正法をご紹介します
脂肪吸引後の不自然なバランスや凸凹、皮膚のたるみなど、様々なタイプの失敗に対する修正法は大きく3つに分けられます。このページからはそれらのアプローチで、どのように失敗患部を修正出来るのか詳しく解説します。 いま現在、脂肪吸引の失敗症状に悩む方は、参考にして下さいね。

ボリュームアップ
で直す VOLUME UP 脂肪注入

脂肪吸引でえぐれてしまった部位はもちろん、デコボコや引き攣れ、皮膚の質感が悪くなってしまった部分には脂肪を注入して、ボリュームアップ&なめらかに整えます。

取り過ぎによる症状
  • バランスが不自然
  • 段差ができた
  • お尻が垂れた
  • 凸凹になった
  • 皮膚が色素沈着した
  • 老け顔になった

ボリュームダウン
で直す VOLUME DOWN 再脂肪吸引

ボリュームダウン修正は、取りムラや取り残しなどの余分な脂肪を吸引し直すだけではなく、癒着などで皮下の乱れた組織をフラットにならすときにも有効です。

取り過ぎによる症状
  • バランスが不自然
  • 段差ができた
  • 凸凹になった
  • 引きつれ感がある
  • 溝ができた
  • 左右差がある

タイトニング
で直す TIGHTENING たるみ改善

皮膚のたるみは、高周波の熱を照射する方法が有効。熱で収縮するタンパク質の特性を活かしたタイトニング施術は、皮膚切開などせず低負担で行えます。

取り過ぎによる症状
  • 凸凹になった
  • 皮膚がたるんだ

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。