失敗の修正方法

ボリュームダウンで直すVOLUME DOWN脂肪吸引

ボリュームダウンで直せる理由REASON

ボリュームダウンで直せる理由

再吸引で脂肪の取り残しを解消できるため
取りムラや取り残された脂肪がある場合は、再度吸引してボリュームダウンしたり、乱れた組織内をなめらかなフラットにする修正を行います。ただ、一度でも施術した後の脂肪は線維化して通常の脂肪より硬くなっています。そのため、再吸引は非常に難しく技術のいる手法です。
最新吸引機ベイザーリポと、丸みを帯びた部位にも対応できる変形カニューレの両方を扱えて初めて成功する施術といえるでしょう。しかし、この修正法でえぐれや左右差、バランスの崩れなどを美しく修正することができます。

取りムラや取り残されていると肌がデコボコに 再度吸引しなめらかな肌に整えます

古い脂肪吸引機でアプローチすると悪化しますWORSENING

再脂肪吸引は、どんなマシーンでも安全というわけではありません。例えば、現在でも多くのクリニックで使用している陰圧式の脂肪吸引機は性能が低く古いため、むしろ症状が悪化する恐れがあります。安全面とクオリティでは最新機器ベイザーリポが秀でています。

  • ベイザーリポとは?

    体への負担を最小限にした
    最新の脂肪吸引機
    ベイザー波という特殊な超音波で脂肪のみを遊離できる脂肪吸引機のこと。硬くなった脂肪にも効率良くアプローチできる上、従来のような削り取る吸引法ではないので周辺組織を傷つけません。多くのクリニックで使用されている機器より3台も進んだ最新式のため、性能の良さは世界一。
    また、最大で90%もの脂肪を吸引できるため、不自然にできた段差や凸凹になったケースにもスムーズに対応できます。
  • 種類豊富なカニューレ

    繊細な吸引を叶える
    カニューレの使い分け
    種類豊富なカニューレ
    通常の脂肪吸引より繊細な吸引技術が必要なのがのが、修正施術。それに欠かせないツールといえば、数十種類のカニューレです。
    太いものや細いもの、曲がりの角度がついたカニューレもあり、施術部位や症状に合わせて使い分けます。3種類程度しか用意のないクリニックもありますが、施術の質にこだわるクリニックでは何十種類ものカニューレを使用します。それにより、肩やふくらはぎなどの複雑な部位にも有効なアプローチができます。

ボリュームダウンで直せる失敗例FAILURE

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。