失敗の修正方法

ボリュームアップで直すVOLUME UP脂肪注入

ボリュームアップで直せる理由REASON

ボリュームアップで直せる理由

不足部分を脂肪で補給できるため
脂肪を取り過ぎてバランスがくずれ、えぐれや凹みが出来てしまった部分には脂肪を補給注入してボリュームアップ修正します。注入箇所が皮膚の癒着などでガタガタになっている場合は、脂肪吸引器でフラットにならしてから注入すると自然なラインも蘇ります。
この修正で使用する脂肪は、採取後に死活細胞などの不純物を除去した良質脂肪であるコンデンスリッチファット(CRF)の使用が最適。さらに、顔などの細部を微調整する場合は、CRFよりさらに小さな脂肪で濃縮されたマイクロCRFを使用すると修正できます。

ボリュームアップで改善 凹みが目立つ部分に脂肪を注入し、ボディラインと肌質を補正

ハイリスクな脂肪もあるので要注意ATTENTION

脂肪は良質のものばかりではありません。従来よく使用されるのは不純物も混じった、しこり化のリスクが高いもの。現在はそれらの危険要素を除去したコンデンスリッチファット(CRF)とマイクロCRFが最良の脂肪です。

  • コンデンスリッチファット(CRF)とは?

    特殊技術で不純物を除去した
    良質な脂肪
    ウェイトフィルター
    採取した脂肪を特許技術のウェイトフィルターを用いた特殊な遠心分離にかけ、死活細胞や老化細胞などの不純物を除去した脂肪のこと。良質な脂肪だけを空気に触れない工程で抽出する、脂肪壊死やしこりの他、感染症のリスクも抑えられています。
    従来の脂肪注入法よりも含まれている良質な細胞数が多いので、効果はより安定。つまり、脂肪の取り過ぎで失敗した症状を修正する上で、最適なボリュームアップ素材と言えるのです。
    ウェイトフィルターによって不純物を除去した健全な脂肪コンデンスリッチファット
  • マイクロCRFとは?

    CRFからさらに
    微細な脂肪だけ抽出したもの
    採取した脂肪から10%しか取れない、選りすぐられた注入素材。非常に微細なので、顔のような繊細な部位に最適です。
    具体的には、コンデンスリッチファット(CRF)を専用装置にかけ、大きな脂肪細胞をカッティングでさらに粉砕。カッティングの及ばない若く微細(マイクロ)な脂肪細胞と幹細胞だけに濃縮しています。
    しこりや石灰化のリスク回避はもちろんのこと、豊富に含まれる幹細胞が脂肪の定着や肌組織の再生に作用。肌質改善を目的とした注入に使用します。
    粉砕した大きな脂肪(排泄オイル) マイクロCRF

ボリュームアップで直せる失敗例FAILURE

失敗例にまつわる原因と修正法CAUSE & CORRECTION

  • 失敗例
    脂肪吸引の失敗と一言でいっても様々な症状があります。ここでは、実際にあった脂肪吸引による様々な失敗例をご紹介します。
  • 失敗の原因
    医師の技術力不足や施術機器の不備など、失敗を引き起こす原因は多様です。原因を知ることが、無用な失敗の回避につながります。
  • 失敗の修正方法
    施術機器の性能や医師の技術力の向上により、多くの失敗は改善できるようになりました。そんな修正法について詳しく解説します。