診療録

10

脂肪吸引のたるみ失敗に! アメリカ発のサーミタイト治療

メインイメージ

脂肪の取り過ぎで皮膚の質感が悪くなったり、お尻が垂れてしまう脂肪吸引の失敗ケースがあります。そんな失敗を修正する方法のひとつ、タイトニングマシン『サーミタイト(Thermi Tight)』についてご紹介します!

日本に上陸したばかりのたるみ治療マシン

たるみ治療
出典:サーミタイト公式サイト

サーミタイトは2014年にアメリカで誕生、日本に上陸してまもない最新マシンです。もともとは加齢による皮膚のたるみを引き締めるための美容マシンですが、脂肪吸引失敗によるたるみ、お尻の下垂などの治療にも活用できると注目を集めています。

サーミタイトだけのたるみ治療

脂肪吸引の失敗

サーミタイトは皮膚のたるみを改善するマシンの中で、最も効果的だと考えられています。理由は皮下直下をRFというエネルギーで(場所にもよりますが)55度から70度という高温を安全に照射することができるからです。この熱の作用でたるんだ皮膚や、脂肪層が引き締まるのです。

脂肪吸引で垂れた部分を引き締める

脂肪吸引が原因でたるみ症状が出る場合、お尻が1番多いでしょう。お尻を例に具体的な治療の流れを解説すると、まず垂れた部分をサーミタイトで引き締めます。その後、脂肪の取り残し箇所やラインがガタガタになっているところがあればベイザー脂肪吸引で除去します。このサーミタイトとベイザーリポの2つの手法で、完成度の高い失敗修正施術が叶うのです。

傷跡なし&肌質改善効果も期待できる

傷跡のリスクがある切開手術でもなく、低負担で効果が出るサーミタイトは熱作用で美肌効果までもたらします。熱により一時的にダメージを受けた皮膚や脂肪組織が回復する過程でコラーゲンが生成され、皮膚に若々しいハリが生まれるという、うれしいオマケつき。

サーミタイトは安全性もばっちり!

術中は、皮膚の火傷を避けるために、サーモグラフィーで皮膚が感じている温度を1秒たりとも見逃しません。皮下は55度から70度の熱を照射していますが、表皮が感じる温度は、安全な温度である45度を保っています。技術も手間もかかりますが、今まででは不可能だった皮膚の収縮を、確実かつ安全に行える優れたマシンであることは間違いありません。
★くわしくは『サーミタイト 公式サイト』へ。

知恵まとめ
  • サーミタイトは、日本に上陸したばかりの最新マシン
  • 脂肪吸引失敗による、たるみ治療に最適
  • 安全かつ効果的にたるみを引き締められる!
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD

上記と関連するコンテンツCONTENTS