診療録

11

失敗が目立ちやすい、◯◯の脂肪吸引!|脂肪吸引名医の失敗修正ブログ

メインイメージ

脂肪吸引の失敗しやすい部位というと太ももやお尻、お腹などボディの部位を思い浮かべがちですが、実際は意外にも顔の失敗が多いのです。さて、その症状と原因を解説していきましょう!

失敗が目立ちやすい脂肪吸引は「顔」!

顔は失敗したら1番目立つ部分なのに、実は失敗しやすいなんてショックですよね。どのような失敗ケースが多発しているのでしょうか?

顔の脂肪吸引 失敗ケース①脂肪の取り過ぎで頬がコケる

脂肪を無計画に除去しまくった結果、げっそりしたコケ顔になる方が意外にも多い。スッキリした顔とコケ顔は全く別物ですが、デザイン力のない医師の手によってこんな症状が生み出されてしまうのです。

顔の脂肪吸引 失敗ケース②顔が凸凹になる

雑な脂肪吸引により、表面が凸凹になってしまうケースです。また、凸凹した部分を修正しようとして脂肪やヒアルロン酸を注入する施術で均一に仕上げることができず、さらなる凸凹感を招いてしまうこともあります。

顔の脂肪吸引 失敗ケース③顔の輪郭が不自然になる

二重顎のたるみや、ゆるんだフェイスラインの脂肪を除去する際、脂肪を取り過ぎてしまうと、不自然に引き攣ったラインになってしまいます。また、左右対称に仕上がらない失敗ケースもあります。

しかし、修正治療で美しくなれます

顔の脂肪吸引

失敗を修正するには再脂肪吸引や、凸凹や引き攣れ箇所を滑らかにする脂肪注入がベスト。さらに、脂肪の取り過ぎでたるんだ部分を修正するタイトニング術もあります。技術のある医師が適切な処置をおこなえば、失敗症状は必ず改善されます。あきらめずに、無料カウンセリングなどを利用して雑談してみてくださいね!

知恵まとめ
  • 顔は脂肪吸引失敗の多発部位
  • コケ、凸凹など失敗症状は様々
  • 再脂肪吸引や、脂肪注入で失敗は修正できる
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD

上記と関連するコンテンツCONTENTS