診療録

31

脂肪吸引を受けるゲストが驚く麻酔方法とそのリスク|脂肪吸引名医の失敗修正ブログ

メインイメージ

麻酔方法はクリニックによって様々。どれが一番安全で痛くない方法なのか、気になりますよね。THE CLINICと他院でどう違うか、その理由、さらにはどうすれば安全で多くの痛みを取り除くことができるかまで、美容外科における麻酔の実態をお話しましょう。

脂肪吸引の相談で一番驚かれるのは「麻酔」

毎日のように脂肪吸引や他院修正を行っていますが、カウンセリングでの説明で一番驚かれること、それが麻酔についてです。THE CLINICでは基本、静脈麻酔だけで脂肪吸引を行いますが、他院では硬膜外麻酔を併用するところが多いのです。

静脈麻酔と硬膜外麻酔の違い

麻酔は大きく全身麻酔と局所麻酔の2つに分けられます。静脈麻酔は全身麻酔の一種、硬膜外麻酔は局所麻酔の一種です。まずはそれぞれの麻酔について簡単に説明しておきましょう。

静脈麻酔

静脈麻酔

静脈麻酔は腕から麻酔薬を点滴で導入するタイプ。麻酔開始から数分もすれば、自然と眠った状態になります。ベイザー脂肪吸引サイトに掲載されている体験談でもよく見かける「眠っている間に(脂肪吸引が)終わっていた」というコメントが、静脈麻酔の特徴を表しています。
麻酔の深度が高くなるほど眠りは深くなりますが、同時に呼吸の抑制も強まります。そのため、安全性と鎮痛効果が確保された絶妙な状態を管理しなければなりません。

硬膜外麻酔

硬膜外麻酔

一方の硬膜外麻酔は、脊椎を包む膜の外側(硬膜外)に細い管を挿入して麻酔薬を注入するというもの。神経の集まる脊椎にほぼ直接麻酔をかけることで鎮痛作用を得ます。ただし、背中に管を刺す際に痛みを感じることや、意識があるゆえに手術中の恐怖心が大きいなどのデメリットがあります。

2種類の麻酔を併用するリスク

静脈麻酔と硬膜外麻酔を併用することで、よりしっかり麻酔が効いて高い鎮痛効果が得られるように思うかもしれませんが、そうではありません。むしろ麻酔のリスクが高まることが懸念されます。
そのリスクが、呼吸への弊害です。呼吸中枢を司る脊椎に麻酔をかけつつ静脈麻酔を流してしまうと、呼吸が止まりやすくなります。このリスクを回避するために、併用の場合は静脈麻酔の深度を浅くせざるを得ません。すると脂肪吸引中にしっかりと眠ることができず、患者さんは非常に怖い思いをします。さらには鎮痛もままならず、脂肪吸引中に痛みを感じることも。通常の脂肪吸引では鎮痛できたとしても、脂肪吸引で筋肉の陰影をデザインするVaser 4D Sculptなどの特殊な施術では、静脈麻酔と硬膜外麻酔の併用では痛みを取りきることはできません。静脈麻酔できちんと鎮静と鎮痛する必要があるのです。

なぜ脂肪吸引の手術でリスクの高まる麻酔方法を行うのか?

脂肪吸引 麻酔 チュメセント

「なんでそんなリスクの高い麻酔法でやるの?」「どうして静脈麻酔だけにしないの?」という声が聞こえてきそうですね。麻酔専門医がいるようなクリニックでは、併用しても安全に麻酔の効果を出せる管理ができているとも考えられます。ただ、多くのケースは手術手技のレベルの問題です。 脂肪吸引では、まず麻酔薬や止血剤が含まれるチュメセント液というものを皮下層に注入します。本来は、この工程もあるので、麻酔を併用しなくても脂肪吸引はできます。しかし、技術がなくチュメセント液の効果をきちんと出せないと、静脈麻酔だけでは鎮痛しきれません。
また、脂肪吸引の技術が低く大きなダメージを与えてしまうことも問題のひとつ。その場合、手術中に患者さんが暴れることもあります。それを抑えるために硬膜外麻酔を併用しているというのが、多くのクリニックの実情なのです。

THE CLINICが静脈麻酔だけで脂肪吸引できる本当の理由

脂肪吸引 静脈麻酔

以上のことから、なぜTHE CLINICが静脈麻酔だけで脂肪吸引(Vaser 4D Sculptまで)を行えるのか、お察しの方もいるかと思います。他院のドクターを指導するほどの技術力を持っているからです。ただ、静脈麻酔だけで脂肪吸引するには、もうひとつ重要なポイントがあります。
それは、手術をサポートしてくれる看護師の能力。他院から入職した僕は肌身をもって感じるのですが、このレベルがTHE CLINICの看護師たちは本当に高いのです。全身管理や危機管理についての勉強会を麻酔専門医が行っていることもありますが、麻酔学や解剖学、生態学などの知識にも長けています。THE CLINICの本当のウリはスタッフだとゲストに胸を張って言える理由もここにあります。

知恵まとめ
  • 静脈麻酔と硬膜外麻酔を併用するクリニックが多い
  • 併用にはリスクがあり、防ごうとすると鎮静が浅くなりやすい
  • 医師の技術力と看護師のサポート力の両方が安全な手術には不可欠
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD