診療録

33

膝は歳バレ部位!? 失敗しない脂肪吸引術

メインイメージ

スカートを履いた時、膝周りがだぶついていると年齢を感じさせてしまうもの。反対に膝がすっきりしていると、脚の太さや長さの印象は大きく変わります。美脚のためには、まず膝の脂肪を撃退することが先決! 脚の印象を大きく左右する膝の脂肪吸引について解説します。

膝の脂肪吸引で“美膝”を目指す

膝、たるみ
膝のたるみは年齢を感じさせる

若いころはすっきりした脚だったのに、いつの間に膝上に乗った脂肪が目立つように……。そんなピンポイントなお悩みのご相談も少なくはありません。この膝の脂肪、実は原因は太ももにあります。加齢や運動不足により太ももの筋肉が衰え、重力に逆らえない太ももの脂肪と皮膚が下垂しているのです。
そんなたるんだ膝をすっきりさせる脂肪吸引のポイントは2点。1つは、前に張り出した脂肪をしっかりと除去すること。2つ目は皮膚のたるみを防ぐことです。

膝上のたるみ防止にはベイザー脂肪吸引が最適

膝、たるみ、ベイザー

まず、脂肪をしっかりと吸引するにはベイザー脂肪吸引がベストでしょう。ベイザー脂肪吸引は、太ももから膝にかけた広範囲の施術に最も適し、ダメージを最小限に抑えつつ確実な脂肪吸引を可能にします。
また、ベイザー波は線維組織を断裂させず、温存しながら脂肪除去をするため、皮膚が自然に収縮する効果があります。さらに、最も薄い層の脂肪を取るスーパーフィッシャルリポサクション技術の作用で真皮コラーゲンが増殖し、皮膚の収縮を促進脂肪と一緒にたるみも撃退できる一石二鳥の効果が期待できるのです。

脂肪の取り過ぎは膝のたるみに直結!

膝上の盛り上がった肉を全部取ってほしい、とゲストからリクエストをいただきます。ポイントの1つにもしっかり脂肪を取ることをあげていますが、脂肪の取り過ぎは絶対にダメ。膝上は皮膚が薄く収縮しづらいため、脂肪を取り過ぎるとたるんでしわができたり、でこぼこの原因となってしまいます。膝に限らず他院でよくある失敗の多くは、脂肪の取り過ぎによるものがほとんど。痛みや引きつれなどのトラブルにもなりかねません。

膝上脂肪吸引のポイント【中居流】

膝、たるみ

僕の場合は、あえて膝上に指一本分、吸引しない部分を作っています。ここを残すことで「太ももの肉を支える柱」ができ、術前よりも皮膚のたるみを防ぐことができます。「柱」の両サイドはしっかりと吸引しているので、過去の診療録「女性の美意識と脂肪吸引」で触れたように、前や上から見たら、ただ細いだけでなく「細く長く」仕上げることができるのです。これが僕の考える“美脚ライン”ですね。

膝・太ももの脂肪吸引で“理想の美脚ライン”が完成

この“美脚ライン”を実現させるには、膝だけでなく太もも全体の脂肪吸引が望ましいでしょう。膝上のみの脂肪吸引も可能ですが、実際は太ももをご希望の方が膝もセットで受けられることがほとんど。このほうが脚全体のデザインが考えられますし、たるみを防ぐ設計がしやすい利点もあります。
またカウンセリング時に、仕上がりのイメージを固めておくことはとても重要です! 事前にゲストと脚のデザインをよく摺合せ、細かい調整を施術中に行えば脂肪の取り過ぎは決して起こりません。ちゃんとデザインして適量の脂肪を除去すれば、理想のレッグラインとたるみのないすっきりとした膝が手に入れられますよ。

知恵まとめ
  • 膝の脂肪吸引は、たるみを防ぐベイザー脂肪吸引とデザインが重要
  • 脂肪の取り過ぎは厳禁! たるみ、しわ、でこぼこの原因に
  • “細く長く”見える脚と膝を作るには、“美脚ライン”を意識する
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD