診療録

36

脂肪吸引で失敗! 修正のマーキングポイント

メインイメージ

THE CLINICでは毎日のように行っている脂肪吸引の修正ですが、必要なのは技術力だけではありません。高度だからこそ、技術を発揮するために不可欠なのが体に直接ペン入れする術前のマーキングです。実際の症例を基に、失敗修正のマーキングとはどんなものなのかをご紹介します。

脂肪吸引の修正前にマーキングが必要な理由

症例を見る前に、なぜマーキングが必要なのか考えてみましょう。
「失敗修正と言えば、ただ単に取り残した脂肪を除去すればいいのでは?」と思っているあなた。それは大きな間違いです。術前に仕上がりイメージができていないまま安易に修正手術を行うと、さらなる失敗を招く恐れがあります。

脂肪吸引の修正前にマーキングを行うことでイメージを共有

失敗する理由のひとつに、“ゲストとドクター間の仕上がりイメージの違い”があります。ドクターの考える仕上がりのイメージをゲストと共有するためにも、術前のマーキングは重要。一度失敗しているからこそ、手術の不安を取り除く意味でも重要な工程。実際にポイントを体に書き込み、ゲストにも理解してもらいながらイメージの擦り合わせをすることが修正手術には欠かせないのです。

脂肪吸引の修正前のマーキングで失敗を防ぐ

ただでさえ、脂肪吸引を一度した部位は組織が線維化しているため、皮下の状態はより複雑になっていて、非常に難易度が高くなっています。
加えて失敗修正では、脂肪を取るべき部位やシフティング(ならし・移動)で凸凹を滑らかにする部位、脂肪注入で凹みを修正する部位など、様々な判断を正確に行わなければなりません。事前に計画なくそれらを手術中に行うのは、ほぼ不可能。失敗を繰り返さない為に、マーキングで術前に手術計画を立てることはもはや常識と言えるでしょう。

脂肪吸引の修正 症例デザイン

それでは実際の症例を基に、マーキングのポイントと主な失敗の原因を見て行きましょう。

脂肪吸引の失敗修正デザイン1:お腹

脂肪吸引 失敗 お腹

こちらは5年前に他院で脂肪吸引を受けたものの、取り残し凹みを気にして来院された方の症例です。
全体的に脂肪が残っているわりに、おへその上には不自然な凹み(赤いマーカー部分)ができてしまっています。
取り残した脂肪を除去し(緑マーカー部分)、きれいなくびれを作るために、腹筋のライン(青いマーカー部分)を意識してデザインしました。

お腹の脂肪吸引で失敗してしまう原因

お腹周りの脂肪吸引の基本は腹部全体をバランス良く吸引すること。ただ、広範囲でデザインが難しいことは確かです。特に「『腹部全体と注文したのに…』胸下の脂肪取り残しで凸凹」でも紹介しているように、胸下を腹部の範囲として考えていないクリニックでは胸下の脂肪が取り残されてしまいます。そのため、吸引した部分との段差ができてしまうのは腹部の脂肪吸引でよくあるトラブルなのです。

脂肪吸引の失敗修正デザイン2:二の腕

脂肪吸引 失敗 二の腕

こちらは、脂肪の取り過ぎによって凹み引きつれを起こしているケースです。赤いマーカー部分は吸引され過ぎて筋肉と皮膚が癒着してしまっています。
緑色のマーカーは脂肪を吸引する部分、青色は滑らかになじませる部分です。二の腕は脂肪が少なく不自然さが目立ちやすい部位だけに、より細かくデザインしています。

二の腕の脂肪吸引で失敗してしまう原因

二の腕の特徴は線維質で硬い部分があること。そのため、吸引しやすい部分は取り過ぎ硬く吸引が難しい部分は取り残してしまい、不自然なデザインになりやすい部位でもあるのです。また、細くすることだけを考えて根こそぎ吸引してしまうと、このケースのように癒着して引きつれを起こしてしまいます。

脂肪吸引の失敗修正デザイン3:お尻・太もも

脂肪吸引 失敗 太もも

こちらはお尻のたるみ太もも外側の凸凹を気にして来院された方の症例写真。太ももの脂肪の取り過ぎによりお尻が垂れ、取りムラがあることでの凹凸が見られます。
皮膚と筋肉との癒着の程度、凹み具合などをマーキングで色分けし、滑らかになるようデザインしました。

お尻・太ももの脂肪吸引で失敗してしまう原因

他院の失敗修正のご相談で最も多い部位がお尻〜太ももです。太ももの脂肪は取り過ぎるとたるみやすい特徴があります。さらに、太もも裏の脂肪にはお尻を支えるという重要な役割もあり、取り過ぎると太ももが凸凹になるだけでなく、このケースのようにお尻が垂れてボディラインの崩れを招いてしまうのです。

脂肪吸引の失敗修正の前には不安や疑問の解消が大切

脂肪吸引の修正手術をしたいと思った場合、まずどのように手術したのかを一番知っている、担当したドクターに相談することをおすすめします。
しかし、その説明や対応に納得がいかなかったり不安が残る場合はセカンドピニオンとしてTHE CLINIC にお気軽にご相談ください。これまでの脂肪吸引の修正手術の経験から、様々な症例を見ているので、的確なアドバイスができると思います。

知恵まとめ
  • 脂肪吸引の修正は通常の脂肪吸引より難易度が高い
  • 修正には技術力はもちろん、手術のガイドラインとなるマーキングが重要
  • マーキングには状態や修正ポイントの視覚化でゲストとイメージを共有する目的も
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD

上記と関連するコンテンツCONTENTS