診療録

48

脂肪吸引の失敗で垂れたお尻に「皮膚切除手術」という提案

メインイメージ

お尻の脂肪吸引の失敗例が相次いでいます。中でも多いのが「垂れてしまった」というお悩みです。脂肪注入で埋め戻すことが多いのですが、たるみがひどい場合は「皮膚切除」という手術をご提案することがあります。

脂肪吸引の失敗:取ってはいけない脂肪を取りすぎたケース

こちらのゲストは他のクリニックで行った脂肪吸引で「お尻の下垂」と「左右差」にお悩みでした。

脂肪吸引 お尻 失敗 画像

「プリンとした丸いお尻」を目指したはずが、「四角く垂れた老け尻」に……。太ももとの境はシワになっています。
診察したところ、未熟なドクターが手術で「取ってはいけない重要な部分の脂肪まで取り過ぎてしまっていたこと」が判明しました。

脂肪吸引 お尻 失敗 画像

本来のお尻のラインは赤い点線だったはずですが、「ポジティブゾーン」と呼ばれる紫線の部分の脂肪を取り過ぎてしまったために、支えを失ったお尻がだらんと垂れてしまったのです。

脂肪吸引の失敗:手術修正はベイザーと脂肪注入で解決

垂れたお尻の修正手術では、ベイザー脂肪吸引で脂肪を均一にならしたり、脂肪を再び注入したりして再び支えを作る方法が一般的です。また、メスを使わない引き締め治療サーミタイトで皮膚を引き締めれば、ある程度形を整えることができます。

お尻のたるみ治療で最も効果が高い「皮膚切除」

ただ、今回のゲストには、皮下に余分な脂肪がまだ残されていたことと、皮膚の引き締めがあまり期待できないことから、「皮膚切除」で対応することにしました。傷跡は多少残ってしまうことがデメリットですが、最も治療効果の高い方法です。
左が修正手術前、右が1カ月後です。

脂肪吸引 お尻 失敗修正 画像

横から見ると、お尻から太ももの垂れていた部分が消えて滑らかなラインになったのがわかります。傷跡は今後徐々に薄くなり、お尻の境目と見分けがつかない程度になっていくことでしょう。

脂肪吸引の手術で失敗しないためにはドクター選びが大切

もし最初に選んだドクターが、脂肪吸引の知識・技術があったら、どうなっていたでしょう。お尻に傷をつけることもなく、このようなメリハリのある丸いヒップに仕上げることができていたはずです。

脂肪吸引 お尻

あとで修正手術が必要にならないよう、「最初のドクター選び」は本当に大切にしてください。「気になる部分を根こそぎ取ります!」というドクターではなく、しっかりと具体的なデザイン提案をしてくれるドクターを選びましょう。

知恵まとめ
  • お尻を支えている部分の脂肪を取り過ぎると垂れ尻になる
  • 皮膚の引き締めが期待できない場合は「皮膚切除手術」を提案することも
  • 初回の手術でしっかりとデザイン提案ができるドクターを選ぼう
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD

上記と関連するコンテンツCONTENTS