診療録

7

脂肪吸引のお尻の修正術で、ヒップアップ!

メインイメージ

脂肪吸引のよくある失敗ケースに、お尻が垂れてしまう症状があります。これは、下尻部の脂肪を吸引し過ぎて上尻部の脂肪を支えきれず下垂してしまうことが原因。今回は、そんな失敗を立体的にヒップアップ修正させる2つの方法をご紹介します。

お尻の脂肪吸引修正法①「脂肪の取りムラを除去」

お尻の脂肪吸引
取りムラを除去して、すっきり滑らかな印象に

お尻に脂肪の取りムラがある場合は、最新モデルの脂肪吸機ベイザーリポ(ベイザー脂肪吸引)などを使って、皮下組織をフラットに。まずは、滑らかにすることがキレイに直すための重要ポイントです。

お尻の脂肪吸引修正法②「脂肪注入で高さを調整」

お尻に脂肪注入

お尻のトップ部分に適度な高さがなくなって垂れている場合は、背中、腰、太ももなどから集めた脂肪を精製して注入します。注入するのは、クリアで定着率に優れた脂肪コンデンスリッチファット(CRF)。横を向いた状態で、腰からお尻にかけて丸く立体感がでるようにデザイン、ボディラインを整えます。

お尻の修正施術は太ももとのバランスを考慮

お尻はただ細く滑らかにすればいいわけではなく、太ももとのバランスを考慮しなければいけません。ヒップアップしたお尻からなめらかに太ももに続くラインをつくることがポイントです。

外国人のようなメリハリヒップに!

これらの修正を経て、丸くぷりっとしたお尻にデザインすることができます。垂れたお尻は、老けた印象にもなります。垂れてしまったお尻にお悩みの方は、美容外科クリニックの無料カウンセリングなどを利用して相談してみてくださいね!

POINT
  • お尻の垂れは、脂肪吸引のよくある失敗ケース
  • フラットに皮下組織を整え、ヒップアップするように脂肪注入して修正
  • 太ももになめらかに続くようお尻周辺のバランスまで考慮する!
関連キーワード

上記と関連する記事MEDICAL RECORD

上記と関連するコンテンツCONTENTS